「ヨーロッパ陶磁と世界のガラス」展は写真撮影・シェアOK

サントリー美術館で1月25日〜3月12日まで、「ヨーロッパ陶磁と世界のガラス」展が開催されています。今回の展示会はサントリー美術館が新たに収蔵することになった、ヨーロッパ陶磁とガラス品を展示する内容となっています。美術館の収蔵品というと、どうしても手の届かない芸術品のイメージがありますが、今回の展示品は一見するとどこにでもありそうな器を中心に展示されており、非常に親しみを覚えました。しかし、一品一品じっくりと見ていくと、展示品の背景には歴史的な経緯や独特の魅力があることに気付きます。特に、昭和初期にかき氷を入れていた氷カップが展示されていたのは、芸術とは身近にあるものなのだということを実感させてくれました。ちなみに「ヨーロッパ陶磁と世界のガラス」展は展示品の写真撮影が許可されています。FacebookやInstagramでのシェアを推奨する看板も置かれていましたので、ぜひ展示会を訪れて気になった展示品をシェアしてみてはいかがでしょうか。http://www.perditabook.co/

「ヨーロッパ陶磁と世界のガラス」展は写真撮影・シェアOK

毎月のことや水星と金星と火星の所について

月額などについて学習しました。月には、空気も水もありません。次は、日についてだ。各種電磁波(電波、光、X線など)で日を見ます。日の黒点は、近くよりもクールだ。格好・がたいが始終変化しながら、規則的に移動します。それから日の自転転回や日が球形であることがわかります。X線で見た日は、光球は暗く見える。明るく窺えるのは、コロナの中でうずまく100万℃の瓦斯だ。日の磁界にそって明るく見えている。日のコロナは、ふだんは光球の照りのために見られませんが、皆既日食のときに見られます。極めて高気温(100万〜200万℃)だ。次は惑星についてだ。水星は、日に最も近い惑星だ。金星は、外側気温が480度にも達します。金星の格好・明るさは大きく変化して見える。地球に届くほど、大きくなって欠けて見える。火星は、変遷に富んです地形をもつ赤い星だ。知らないことを学習できて良かったです。http://www.therealasset.co/

毎月のことや水星と金星と火星の所について